RVM (業務用ウェアラブルカメラとリモートスピーカマイクの融合)

HyteraのRVMリモート ビデオ スピーカ マイクは業務用ウェアラブルカメラと無線機のリモートスピーカマイクが融合した画期的な製品です。潜行調査や公務執行を目的とした設計であり、すでに各国の警察・公安より先進標準装備品として採用されております。

重要な現場シーンを逃さない

1600万画素イメージセンサー、レンズは140°広域視野角&縦方向180°回転。
暗闇で自動的点灯する6つの赤外線ライト。
動画は、最大1080P@60FPS(*1)の高画質のフルハイビジョン撮影が可能。
近距離の撮影にも対応し、免許証などの文字情報も詳細に記録。

(*1)フルHD(1920×1080) / 1秒間の60枚の絵の映像 / 高画質&滑らかな2K映像

内臓メモリ

画素数/フレームレート

撮影時間

64G

1080P@60FPS

約5時間20分

128G

1080P@60FPS

約10時間40分

トップクラスの堅牢ボディ IP67 / MIL-STD-810G

防塵性 IP6x:RVM内部への粉塵の侵入を防護します
防浸性 IPx7:一時的(30分)に一定水深(1m)の条件で水没でさせても内部に浸水しません

米軍軍用規格 MIL-STD-810 C/D/E/F/G

セキュリティー
RVMで取得したデータ(動画、写真、音声)は管理ソフトウェア(IDS)を通してのみダウンロードが出来ます。本体内蔵SDカードは、埋め込み型で取り外し不可能です。重要な記録映像を、誤操作や悪意のある第三者によって消去や改ざんされないように守ることができます。
多人数での大規模運用にも対応した管理ソフトウェア(IDS)は、データ(動画、写真、音声)の閲覧やアーカイブ(保存)等、直感的な管理が可能です。

*管理ソフトウェア Integrated Device Station(IDS)のクイックガイドはこちらから確認出来ます。

ウォーターマーク機能

日付、時間、ディバイスIDを撮影時にウォーターマークで残すことが出来ます。

デバイスID:製品一つ一つに割り振られているID

自動アップロードによる業務の効率化
RVMを管理PCに接続するとRVM内のデータが自動的にアップロードされ、RVM内から自動的に削除されます。
6つのRVMと6つのバッテリを同時に充電可能なRVMマルチユニット充電器は中規模及び大規模運用に効果を発揮します。RVMマルチユニット充電器を3台利用することで一度の接続で最大18台のRVMからPCにデータを保存します。

デモンストレーション、サンプル機の貸し出し等お気軽にお問い合わせください。