平成30年7月2日付電波タイムズ掲載記事の誤表記について

 平成30年7月2日付けの電波タイムズに6月22日に大阪、梅田スカイビルにてHytera社と弊社合同で開催した [Hytera防爆無線機 ・ デジタル通信システム 展示説明会] の記事が掲載されました。

電波タイムス取材ミスにより紙面に誤表記がありました。関係者の皆さまにご迷惑をおかけしましたことおわび申し上げます。

 平成30年7月9日付け<おわびと訂正>が掲載されましたので、ご確認頂きまうようお願いいたします。

平成30年7月9日付け<おわびと訂正>

(抜粋) ◇おわびと訂正 「電波タイムズ」7月2日付け2面に掲載した株式会社総合トレーディングジャパンの記事で誤りがありました。「PD798Ex」の希望小売価格は33万8000円(標準セット価格、税抜き)、「PD608/PD668」(UL913防爆仕様)はオープン価格の誤りでした。見出しの「総合トレーディング」は「株式会社総合トレーディングジャパン」、「PD798x」は「PD798Ex」に訂正します。「防爆無線機とは」の説明で文中に誤りがありました。正しくは「防爆無線機とは、石油コンビナートや化学・製薬工場など、爆発の危険が伴う場所が施設内に存在する場合、そのエリアで通信する際には本質安全防爆構造の通信機器を使用することが労働安全衛生法から義務付けられている。現在、各メーカーは生産を終了しており、2017年3月に、同社のDMR防爆携帯無線機『PD798Ex』が国内本質安全防爆検定に合格して以来、ユーザ各社からは引き合いが続いていた」です。本文中の一部で「PD798x」とあるのは「PD798Ex」の誤りです。株式会社総合トレーディングジャパンの関係者の皆さまに多大なご迷惑をおかけしました。おわび申し上げます。

本質安全防爆無線機PD798Ex
希望小売価格33万8000円
(標準セット価格、税抜き)
PD608/PD668(UL913防爆仕様)
オープン価格