深圳Hytera本社視察

2017年11月22日 深圳Hytera本社視察

 わずか30年足らずで、人口が30万人から1400万人に増加するなど、急速に発展する深圳。1990年代から電子機器の生産拠点として栄えたこの街にHyteraコミュニケーションズも本社を構え、革新的ソリューションを次々に生み出している。日本国内でもよく知られるテンセントやDJI、ファーウェイ、ZTEなども本社を構え、ここ数年で「中国のシリコンバレー」と呼ばれるようになっている。Hyteraは業務用通信機におけるファーウェイと呼ばれる存在であり、技術者同士の交流も多い。

 Hytera製品はハイテク都市深圳の警察、消防、いたるところで使用され、都市機能を支える存在になっている。街の成長と共にHyteraも飛躍的に業績を伸ばし1993 年設立から25年弱で時価総額600億円超えの企業へと成長した。

本稿では、成長を続けるHytera社と常設プレゼンテーションルームの製品群やハイテク都市深圳のフォトレポートをお届けする。

Hytera社屋

本社正面玄関より


 

受付、エントランスホール


 

2020年完成予定の新社屋Hyteraタワーの模型、深圳ベイエリア後海地区にて着工中


 

レセプションルーム


 

海外営業フロア


 

休憩室


 

製品プレゼンテーションルーム

会社紹介のほか、公安、消防、防爆エリア、鉄道、空港、など各ソリューション製品が展示


会社紹介ゾーン >視覚的に情報を伝えるインフォグラフィックス


 

ソリューション事例をシームレスに展示


表彰状など


 

新社屋Hyteraタワーのデザインプロセス


 

LTEソリューション

端末、基地局、指令センター、端末までのトータル提案


 

LTE+自営通信対応のマルチモード無線機


 

スマートオフォン用PTTアプリケーション


 

管理指令アプリケーション


 

LTE基地局


 

警察装備事例


 

リモート ビデオ スピーカ マイク(RVM)
ウェアラブルカメラとリモート スピーカ マイクの融合


 

LTE製品のプレゼンテーションをして頂いたスパイク氏は弱冠27歳

Hyteraには若く優秀な社員が働く


 

 

防爆製品ゾーン

PD798Ex


 

消防向けソリューション装備品


 

防爆型ヘッドホン


 

分かりやすいインフォグラフィックス


 

公安向けソリューション

深圳市警察がHytera製品を使用したことで、深圳は中国でのPDT規格のモデルケースの街となった。今年11月その実績が評価され、Hyteraが推進するPDT規格が中国公安標準規格として中国警察で採用された。今後、中国警察の無線システムのほぼ全てをHytera社が供給することになる。

警察車両


 

管理指令センター


 

マンパックモバイルソリューション

大容量ビデオデータ転送可能


 

モバイルビデオディスパッチシステム


 

米国ドラマ「ハウス・オブ・カーズ」(House of Cards)にも登場した


 

2輪車向けソリューション


ワイアレスPTTコンソール(Bluetooth接続)


 

鉄道向けソリューション

近年では香港の地下鉄にシステム採用された。
ヨーロッパをはじめ世界各国の鉄道に採用されている。

物流、倉庫向けソリューション

 
 

(RD628 中継機能付き基地局無線装置)


 

空港向けソリューション

 

指令管理アプリケーション


商業施設向けソリューション

小売店舗


 

ホテル


 

システム製品

TETRA製品

 

 

キャリング中継装置


 
 

カナダの子会社Norsatの衛星通信システム


 


深圳市内

深圳-香港間のイミグレーション<深圳湾口岸>


 

深圳-香港間のイミグレーション<深圳湾口岸>から。深圳市の後海地区の近代的ビル群が眺められる。Hyteraの新社屋Hyteraタワーも2020年竣工しランドマークの一つとして加わる。


 

 

シェアリングバイクMobike

スマートフォンのアプリで自転車の解鍵、決済可能。GPSが内蔵されており、どこに自転車があるかを地図で確認できる。街中のいたるところで黄色い自転車を見かけた。


 

海岸城エリア

 
海岸城エリア
 

海岸城エリア

wechatを運営するテンセント本社のビル
先日、時価総額がfacebookを超えたことが話題に


無人充電スタンド
街中ではBYDの電気自動車タクシーをよく見かけた。